投資研究所

投資についてはば広く研究しております。

FXの基本を知ろう

まず第一歩として、FXの基本を知っておくことです。FXというのは、正式には外国為替証拠金取引(Foreign Exchange)と言って、外国の通貨の売買で、利益を得る取引のことです。例えば、日本の銀行に100万円を預けるとします。金利0.1%ですと、年間1,000円の利息が付きますね。ですが、外貨ではその国ごとの金利が適用されます。1例として、米ドルは1.0%、ユーロは2.0%、豪ドルは5.0%というように、国々によって金利が異なります。改めて見てみるとどれだけ日本が低金利なのか一目でわかると思います。そこで、高金利の通貨のカナダドル人民元を買うと、金利を多くもらえることになります。なお、この金利差のことを「スワップポイント」と言い、このスワップポイントを求めて取引を行う方も多くおられます。さらにFXの最大のポイントは、手元の資金が少なくても、それを担保に、何倍もの金額の取引ができる「レバレッジ」ができることです。これは、例えば、レバレッジを10倍にすると、30万円で300万円分の外貨を取引できるのです。そうすることでスワップポイントも10倍となり、受け取る利益も多くなりますが、取引の金額が逆に触れるとあっという間に大損害が出るハイリスクハイリターンの取引となります。このように、低資金でゆっくりと地道にトレードをしてもよし、場合によっては大きなトレードもよしといった自由度が高い取引と言えるでしょう。